「NONE-DAILY LIFE IN DAILY LIFE(日常の中の非日常)」をコンセプトに新しいスタンダードを提案するセレクトショップ「1LDK」の名古屋店「1LDK annex」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SUKIDOKO

こんにちは。名古屋1LDK annexの店長鈴木です。

本日のタイトル、「漉き床(すきどこ)」についてですが、日常生活をする上で聞きなれない(使うことのない)ワードかと思います。
一言で言ってしまえば「かわ」なのですが、バッグや靴などに使われるような革とは少し違います。

まず、動物の「皮」から「革」へと加工する際に、「鞣し(なめし)」という工程があります。薬品や植物のタンニンなどを使って革を柔らかくすることですね。
そこから染色を行い、革の厚みを均一にするために全体を漉いていきます。

そうすることによって革がきれいな状態になるのですが、その際に、余分な厚みとして落とされた部分を、「漉き床」と呼んでいます。


Hender Schemeでは、その漉き床を使ったアイテムを数多く創り出しています。


このブランドお馴染みの革封筒も、漉き床による物です。


1307140.jpg
Hender Scheme / envelope S ¥3,150-


1307141.jpg
Hender Scheme / envelope L ¥4,200-


ステッチで仕上げてより強度を増した今回の「envelope」。
1LDK annexでは上の二つのサイズでご用意しております。
A4サイズのファイルがすっぽりと収まるLサイズは、クラッチバッグのようにお使いいただく方も多いです。

書類入れとして、バッグインバッグとして、用途は多種多様となっています。



漉き床を使ったアイテム、今期は新たにこのような物もございます。


1307142.jpg


1307143.jpg
Hender Scheme / memo book ¥1,890-


その名の通り、メモ帳です。
表紙まわりに「Hender Scheme」と刻印の入った漉き床を使用しています。

なんだか使うのがもったいなく思えてしまいますね…。
大切にしたくなる、という点でギフトにも良いのではないかと思います。



漉き床は本来棄ててしまう部分の革です。
あえてそれを使うことでコストを下げ、お求めやすい価格で提供できています。
何より棄てる部分を利用するというエコな発想が良いですよね。


皆様のご来店を心よりお待ちしております。


1LDK annex 鈴木


1LDK annex Twitter
1LDK annex facebook page
Unlimited.ONLINE STORE





  1. 2013/07/14(日) 19:57:36|
  2. PICK UP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。